記事一覧

『ダンスのすきなジョセフィーヌ』【おすすめ絵本】

41lOPRTMd.jpg
『ダンスのすきなジョセフィーヌ』
作: ジャッキー・フレンチ
絵: ブルース・ホワットリー
訳: 三原泉
出版社: 鈴木出版

カンガルーのジョセフィーヌはおどるのが大好きです。
ツルやコトドリ、エミューのまねをして、つんつんふりふりおどります。
弟のジョーイには、カンガルーがおどるなんて変だって言われるけれど、ジョセフィーヌは気にしません。

そんなある日、ジョセフィーヌはバレエのポスターを見ました。
ピンクのチュチュに、シルクのトーシューズ。
自分もこんなダンスがしたい!
弟の反対を振り切り、町の劇場へ行くジョセフィーヌ。
さて、どうなるでしょう?

  "くるり くるり ピルエット。あしを のばして アラベスク"
                                  
ダンスの描写がテンポよくて楽しそうで、幸せな気分になります。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント