記事一覧

『なにがぬけるかな』【おすすめ絵本】


『なにがぬけるかな』
文: 永住貴紀
絵: 倉島一幸
出版社: あいうえお館

ウルトラ怪獣が演じる、「おおきなかぶ」のパロディ絵本です。
ダダはおさんぽ中に、大きな野菜を見つけました。
ダダがおさんぽ!この時点で出オチ感がありますが、お話はまだ続きます。

野菜は、穴にはまって動けないから、助けてほしいと話します。
野菜がしゃべったことにびっくりしながらも、ダダは野菜をひっぱることにしました。
けれど、野菜は抜けなくて。
ともだちを呼ぶことにしました。

そして出てくる出てくるウルトラ怪獣たち。
あいつもこいつも、なんだかかわいらしい絵柄になって、絵本に登場です。
夫とふたり、ゲラゲラ笑いながら読みました。

今の子供たちに昔のウルトラ怪獣ネタが通じるかはわからないけれど、お話としても楽しいと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント