記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『くじらさんのーたーめならえんやこーら』【おすすめ絵本】

くじらさんのーたーめならえんやこーら
『くじらさんのーたーめならえんやこーら』
作: 内田麟太郎
絵: 山村浩二
出版社: 鈴木出版

海の真ん中に。おおきなくじらが見えます。
まわりには、取り囲むように、たくさんのペンギンやあざらしたち。
そして、”「くじらさんのー たーめなら」「えんやこーら」”と掛け声をかけて、ペンギンとあざらしが海に飛び込んでいきます。
いったい何をやっているんでしょう?

”ざぶーん。”
どうやら、ペンギンやあざらしが飛び込むたびに、くじらの乗った氷山が浮き上がっていくみたいです。
でも、何のために浮かせるの?

海の動物たちの、不思議な行動。
見守っていると、そこには意外な目的がありました。
くじらさんの人望(鯨望?)に、びっくりです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。