記事一覧

『ねむいねむいおはなし』【おすすめ絵本】

お久しぶりです。
Wi-Fiの容量制限やら、保育園開始やらで、しばらく更新できていませんでした。
今月1冊目は、ちょっと独特な味わいの絵本です。

4-7515-2288-4.jpg
『ねむいねむいおはなし』
作: ユリ・シュルヴィッツ
訳: さくまゆみこ
出版社: あすなろ書房

ねむい、ねむい、夜のこと。
おつきさまも、ねむいねむい。
おうちも、テーブルも、カーテンも、みんなねむい。
いすも、ねこも、とだなも、おさらも、みんなねむい。

そこへ、どこからか音楽が聞こえてきて…

繰り返される「ねむい ねむい」。
線の歪んだ、おかしな絵。
なんだかわからないけれど、不思議と惹かれる絵本です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント