記事一覧

『おおきいツリー ちいさいツリー』【おすすめ絵本】


『おおきいツリー ちいさいツリー』
作: ロバート・バリー
訳: 光吉夏弥
出版社: 大日本図書

季節外れですけど、楽しいクリスマスの絵本を見つけたので紹介します。

もうすぐクリスマスというある日のこと。
ウィロビーさんのお屋敷に、おおきなツリーが届きました。
大広間の天井に届く、立派なツリーです。
立派過ぎて、ちょっと天井につかえてしまいました。

ウィロビーさんの執事はツリーの先を切り取って、小間使いのアデレードにあげました。
アデレードは喜んで、切り取られた先っぽを、ツリーとして飾ることにしました。
でもちょっと問題が。。。

これは、おおきなおおきなツリーと、そこから切り取られたちいさなツリーの物語です。
クリスマスの準備のわくわく感と、シンプルなユーモアが楽しい、おすすめの一冊。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント