記事一覧

【英語のおすすめ絵本】A Color of His Own



"A Color of His Own"
作: Leo Lionni
出版社: Alfred K. Knopf

カメレオンは悩んでいました。
みんなは自分の色を持っているのに、カメレオンには自分の色がありません。
まわりの物にあわせて体の色がころころかわってしまいます。
いつかは自分の色を持てるかな?
ずっと同じ場所にいたら、同じ色でいられるかな?

色鮮やかな絵と、淡々とした文章からカメレオンの切ない気持ちがふんわり伝わってきます。
最後まで、カメレオンは色の変わるカメレオンだけれど、彼なりの幸せを見つけてくれます。
最初に望んだ形とはちがっても、幸せに生きることはできるんだよと、伝えてくれるような気がします。

色の名前がいくつも出てきて、こどもと一緒に色の名前を覚えるのも楽しそう。
日本語版は『じぶんだけのいろ』というタイトルで出ています。

いろんなタイプの装丁があるんですけど、私のおすすめはボードブック。
こどもが扱ってもやぶれにくく、コンパクトサイズで、お値段も安いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント