記事一覧

『ねずみのふわふわけいと』【おすすめ絵本】

ねずみのふわふわけいと
『ねずみのふわふわけいと』
文・絵: かさいまり
出版社:教育画劇

はずかしがりやのねずみさんのお話しです。

毛糸屋さんが森にきました。
みんなが毛糸を買っている中、ねずみさんは、なかなか店に近づけません。
みんながいなくなってから、ねずみさんはなんとか毛糸を買いました。

すてきな毛糸です。
とってもふわふわで、とってもあおいんです。
毛糸はねずみさんのたからものになりました。

ベッドにしたり、ころがったり、そうだ編み物もしてみよう。
あれ、うまくいかない…ああもう!やめた!
ぐちゃぐちゃになった毛糸を持って飛び出したら、こりすとはりねずみが声をかけてきて…

店にいった時のどきどき。
毛糸を買えたときの喜び。
たからものができた幸せ。
うまくいかないときの苛立ち。
そのあとに来た、とっても素敵な気持ち。

ねずみさんの心の動きが丁寧に描写された、楽しくてかわいい、心あたたまる絵本です。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント